ホーム > イベント > イベント情報 > 2020年6月以降開催中の長期イベント

イベント情報

オンライン書籍

2020年6月以降開催中の長期イベント

6月1日(予定)~7月5日奈良市写真美術館
石川直樹写真展

石川直樹氏が2度目のエベレスト登頂(2011年)と、2度にわたるK2遠征(2015年、2019年)で撮影された写真群を展示。ネパール・クンブー地方の交易路であるエヴェレスト街道、パキスタン・カラコルム地方の奥地にあって絶えず動き続ける長大なバルトロ氷河、こうした道行きに関わるシェルパや村人たちの様子も含めて、遠征にまつわるあらゆる出来事を撮影している。石川氏は1977年6月30日、東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。2000年、北極から南極まで人力で踏破する「Pole to Poleプロジェクト」に参加。2001年、世界七大陸最高峰の登頂を当時最年少で達成。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。

住所 奈良市高畑町600-1
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バス「破石町」下車、徒歩約15分
お問い合わせ奈良市写真美術館 0742-22-9811

6月1日(予定)~7月5日奈良県立美術館
特別展「熱い絵画 大橋コレクションに見る戦後日本美術の力」

日本の現代美術を支援したプライベートコレクションの先駆的存在である「大橋コレクション」。特別展では、大阪・京都・奈良の3館で収蔵する約2000点から選んだ90点を展示する。戦後昭和に躍動した画家たちの熱いエネルギーを感じることができる。国立国際美術館と京都工芸繊維大学美術工芸資料館が特別協力。

住所 奈良市登大路町10-6
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約5分、またはJR奈良駅からバス「県庁前」下車、徒歩すぐ
お問い合わせ奈良県立美術館 0742-23-3968

6月1日~7月31日談山神社
談峯如意輪観音菩薩坐像特別公開

8時30分~17時。足腰の病に霊験あらたかな秘仏・談峯如意輪観音坐像が特別公開される。

住所 桜井市多武峰319
アクセスJR・近鉄桜井駅から談山神社行バスで終点下車、徒歩約3分
お問い合わせ談山神社 0744-49-0001

6月1日~8月31日安倍文珠院
金閣浮御堂霊宝館 夏の寺宝展

9時~17時。秘仏十二天の「閻魔天」「梵天」「日天」が公開される。

住所 桜井市阿部645
アクセスJR・近鉄桜井駅からバス「安倍文殊院前」下車、約1分
お問い合わせ安倍文珠院 0744-43-0002

6月6日~9月23日春日大社
春季特別展「Enjoy 鎧 ―日本一の鎧を楽しむ―」

春日大社国宝殿は国宝の甲冑を日本で一番多く所蔵している美術館。その数は5点ある。いずれも日本を代表する甲冑の傑作で、中でも赤糸威大鎧(竹虎雀飾)は、小中学校の教科書などでもおなじみの日本一豪華な鎧となっている。今回の展示では春日大社所蔵の作品に加え、奈良県立美術館所蔵の腹巻なども展示。甲冑師小澤正実氏による鎧製作資料なども併せて展示している。

住所 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行きバス終点、または市内循環バス「春日大社表参道」下車
お問い合わせ春日大社 0742-22-7788

6月10日(予定)~8月2日天理大学付属天理参考館
創立90周年特別展「スポーツの歴史と文化」

同館が収蔵する世界各地の考古資料や生活文化資料からスポーツに関連する資料を紹介。特定の民族や地域に古くから伝わり、伝統に根ざした固有のスポーツである「民族スポーツ」に注目し、関連資料を展示している。国立民族学博物館、日本スポーツ人類学会、蹴鞠保存会、天理大学、同大学附属天理図書館が協力。

住所 天理市守目堂町250
アクセスJR・近鉄天理駅下車、徒歩約20分
お問い合わせ天理大学付属天理参考館 0743-63-8414

6月12日~8月16日喜光寺
弁天堂神影 宇賀神像(秘仏)特別開扉

9時~16時30分。とぐろを巻いた蛇が鎌首を持ち上げ、その頭が長い髭をたくわえた老人の顔を持つ神秘的な宇賀神像。例年7月の3日間にだけ開帳されるが、ハスの見ごろの時期も開帳される。

住所 奈良市菅原町508
アクセス近鉄大和西大寺駅から徒歩20分。または近鉄尼ケ辻駅から徒歩10分
お問い合わせ喜光寺 0742-45-4630

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.