奈良の地域情報を発信!

ホーム > イベント > イベント情報 > 2021年8月以降開催中の長期イベント

イベント情報

2021年8月以降開催中の長期イベント

8月3日、9日、23日松尾寺
松尾山 夏期心身修練教室(一休さん)

松尾寺内での心身修練道場が今年度は日帰り一日修業で開催。小学生対象で、自然豊かで静かな環境の山寺での生活(小坊主修行)を通じて感謝・修行・奉仕の心を養成する。心身ともに健康で、明るく知恵のある現代版『一休さん』を社会に送り出すこと、また強くたくましく思いやりのある優しい日本男児を育てることを目的とする。参加費3,500円、定員50名前後(小学2~6年生の男児)、要申し込み、郵送に限る(ハガキも可)。メールまたは電話にて要申込。申込方法はホームページを参照、または電話で問い合わせ。なお、全回〆切の場合もあり、日程ごとにキャンセル待ちとなる。

住所 大和郡山市山田町683
アクセスJR大和小泉駅からバス「松尾寺口」下車、徒歩約30分
お問い合わせ松尾寺 0743-53-5023

~8月15日、8月17日~9月12日奈良国立博物館
奈良博三昧-至高の仏教美術コレクション-

奈良博コレクションの中から選りすぐった245件の作品によって、日本仏教美術1400年の歴史をたどる。展示は全10章からなり、各時代にわたる名品によって構成される。

住所 奈良市登大路町50
アクセス近鉄奈良駅から徒歩約15分、またはJR・近鉄奈良駅から奈良交通「市内循環」バス「氷室神社・国立博物館」下車すぐ
お問い合わせ奈良国立博物館 050-5542-8600(ハローダイヤル)

8月16日、9月16日當麻寺中之坊
導き観音 特別拝観

13時30分~15時。「導き観音祈願会」が行われ、祈願会に参列することで導き観音の像を堂内で特別拝観できる。檜の一木造りで、古来より「眼前にすれば心身が美しくなる」といわれる格調高い像。

住所 葛城市當麻1263
アクセス近鉄当麻寺駅より徒歩約15分
お問い合わせ當麻寺中之坊 0745-48-2001

8月27日~10月3日大和文華館
祈りと救いの仏教美術

平安時代の一字蓮台法華経から、江戸時代の庶民の素朴な信仰をうつす大津絵まで、この地に根付いた祈りの造形を見つめる。10時~17時(入館は16時まで)。月曜日休館(祝日の場合は開館し、次の平日休館)。一般630円、高校・大学生420円、小学・中学生無料。

住所 奈良市学園南1-11-6
アクセス近鉄学園前駅から徒歩約7分
お問い合わせ大和文華館 0742-45-0544

9月1日~11月30日安倍文殊院
秋の寺宝展

9時から17時(受付は16時30分まで)。金閣浮御堂の内陣参拝ができる(七参りのお札とお守り付)。

住所 桜井市阿部645
アクセスJR・近鉄桜井駅から飛鳥資料館前行き、石舞台行きバスで約6分、安倍文殊院前下車すぐ
お問い合わせ安倍文殊院 0744-43-0002

9月3日~10月11日當麻寺中之坊
聖徳太子1400年 御愛太子像特別公開

聖徳太子1400年ご遠忌にあわせて、中之坊太子殿に祀られる聖徳太子7才像が霊宝殿に移され、7年ぶりに特別公開。また、聖徳太子像と弘法大師像が描かれる珍しい「山越阿弥陀図」もあわせて公開される。

住所 葛城市當麻1263
アクセス近鉄当麻寺駅より徒歩約15分
お問い合わせ當麻寺中之坊 0745-48-2001

~9月6日天理大学付属天理参考館
第87回企画展「物部氏の古墳 杣之内古墳群」

天理市市街地には、古墳時代前期から終末期にいたる大型古墳がいくつも残っている。本展では、古墳の出土品のほかに模型や写真、ドローン空撮による動画を用いて杣之内古墳群の様相を紹介する。

住所 天理市守目堂町250
アクセスJR・近鉄天理駅下車、徒歩約20分
お問い合わせ天理大学付属天理参考館 0743-63-8414

~9月19日の期間中すべての日曜日奈良の鹿愛護会
夏休み特別企画 なつの鹿寄せ

9時30分開始(約15分間)。朝の風景のなか、奈良公園の鹿達がナチュラルホルンの音色に呼び寄せられて来る。場所は春日大社境内「飛火野」(奈良公園内)。奈良でしか出会えない風景を堪能できる。

住所 奈良市春日野町
アクセスJR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、春日大社参道前下車すぐ
お問い合わせ奈良の鹿愛護会 0742-22-2388

9月20日~11月11日般若寺
白鳳秘仏特別公開

9時から16時(受付は15時30分まで)。日本最大級の十三重石塔(重文)の修理の際に、発見された阿弥陀如来立像を特別公開。聖武天皇が平城京の鬼門鎮護を祈念して奉納した「霊像」とされる(拝観料別途)。

住所 奈良市般若寺町221
アクセスJR・近鉄奈良駅から青山住宅行き、州見台八丁目行きバスで約10分、般若寺下車、徒歩約5分
お問い合わせ般若寺 0742-22-6287

~9月26日奈良県立万葉文化館
特別展「歌川国芳-浮世絵界の風雲児-」

江戸時代後期に活躍した浮世絵師・歌川国芳は、武者絵を得意とする一方、ユーモアに満ちた独特の作品を描き「奇想の絵師」とも評される。今展では出世作の「水滸伝シリーズ」をはじめ、戯画や肉筆画など多様なジャンルの作品を展示し、国芳の魅力に迫る。10時~17時30分(入館は17時まで)。月曜日(祝日の場合は翌平日)休館。一般1,200円、高校・大学生500円、小・中学生300円。

住所 高市郡明日香村飛鳥10
アクセス近鉄橿原神宮前駅東口から明日香周遊バス(赤かめ)飛鳥駅行きで約20分、万葉文化館西口下車すぐ
お問い合わせ奈良県立万葉文化館 0744-54-1850

~9月29日奈良市内
ライトアッププロムナード・なら2021

19時から22時(9月以降は18時から22時)。春日大社一之鳥居、興福寺五重塔、東大寺、奈良国立博物館、猿沢池、浮見堂、平城宮跡、薬師寺、奈良公園周辺の歴史的な建物がライトアップされる。

住所 奈良市内
アクセス奈良市内各所
お問い合わせライトアッププロムナード・なら実行委員会(奈良県庁奈良公園室内) 0742-27-8677

~9月30日法隆寺
聖徳太子1400年御聖諱記念 西院伽藍上御堂および東院伽藍絵殿特別開扉

9時~16時30分(受付は16時まで)。西院伽藍上御堂内に安置されている釈迦三尊像(国宝)と四天王像(重文)を特別公開。絵殿には聖徳太子一代の事跡を描いた障子絵が納められている。

住所 斑鳩町法隆寺山内1-1
アクセスJR法隆寺駅から法隆寺行バス「法隆寺門前」下車すぐ
お問い合わせ法隆寺 0745-75-2555

~12月25日松尾寺
日本唯一の舎人親王(日本書紀編纂)像

9時~16時。日本書紀を編纂し、松尾寺を創建した天武天皇の皇子、舎人親王(とねりしんのう)の像が公開される。

住所 大和郡山市山田町683
アクセスJR大和小泉駅からバス「松尾寺口」下車、徒歩約30分
お問い合わせ松尾寺 0743-53-5023

~2022年1月16日薬師寺
国宝薬師寺東塔大修理落慶 東塔内陣特別公開

薬師寺「東塔」(国宝)が落慶法要に先立って一般公開される。

住所 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西の京駅下車すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

~2022年1月16日薬師寺
国宝水煙特別公開

1300年前の創建時の水煙(国宝)を間近に見られる貴重な機会。

住所 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西の京駅下車すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

~2022年1月16日薬師寺
食堂特別公開

食堂(じきどう)内には、故平山郁夫画伯の弟子である田渕俊夫画伯が描いた御本尊・阿弥陀三尊浄土図を中心に全長50mの美しい14面の壁画がある。

住所 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西の京駅下車すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

~2022年1月16日薬師寺
玄奘三蔵院伽藍 大唐西域壁画殿 特別公開

玄奘三蔵院伽藍が特別公開されている。伽藍内では故平山郁夫画伯が30年かけて描いた、玄奘三蔵求法の旅をたどる「大唐西域壁画」が拝観できる。

住所 奈良市西ノ京町457
アクセス近鉄西の京駅下車すぐ
お問い合わせ薬師寺 0742-33-6001

~2022年3月31日吉野山
吉野山寺宝めぐり

普段は拝めない仏像や宝物がこの期間に特別に拝観できる。記念散華を加盟9寺院で頒布している。

住所 吉野町吉野山
アクセス近鉄吉野駅ロープウェイ山上下車すぐ
お問い合わせ吉野山観光協会 0746-32-1007

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.