奈良の地域情報を発信!

ホーム > イベント > イベント情報 > 2021年11月以降開催中の長期イベント

イベント情報

2021年11月以降開催中の長期イベント

11月3日~12月5日(本堂)22日(瑠璃殿)正暦寺
秘法八千枚護摩供

992 年、透き通る清流と秋の紅葉に彩られる“錦の里”に創建。特別公開される白鳳秘仏の本尊・薬師如来倚像は台座に腰を掛け、足を踏割蓮華に乗せている、珍しい姿をしている。

住所 奈良市菩提山町157
アクセスJR・近鉄「奈良駅」からタクシーで約25分/紅葉時期はJR・近鉄「奈良駅」から臨時バスあり
お問い合わせ正暦寺 0742-62-9569

10月30日~12月5日談山神社
特別展 福川於良が描く万葉集のせかい(権殿)(談山神社)

墨と顔彩で表現する書画家福川於良の作品展。特別展は紅葉シーズンに重なり十三重塔などに映える絶景も楽しめる。

住所 桜井市多武峰319
アクセスJR・近鉄「桜井駅」下車、談山神社行バス終点下車 徒歩3分
お問い合わせ談山神社 0744-49-0001

10月9日~12月6日壷阪寺
壷阪観音お身拭い特別参拝

本尊十一面千手観音様(室町時代)の膝に触れて観音様と縁を結ぶことができる。

住所 高取町壷阪3
アクセス近鉄「壺阪山駅」から壷阪寺前行きバスで「壺阪寺前」下車すぐ
お問い合わせ壷阪寺 0744-52-2016

11月13日~12月19日唐古・鍵考古学ミュージアム
秋季企画展『弥生の食卓~唐古・鍵遺跡の食事~』

唐古・鍵遺では、跡食事の際、どのような道具を用いていたのか、どのような食材を調達していたのかを知る展示会。

住所 磯城郡田原本町阪手233-1(田原本青垣生涯学習センター2階)
アクセス近鉄「田原本駅」または「西田原本駅」下車 徒歩20分
お問い合わせ唐古・鍵考古学ミュージアム 0744-34-7100

~11月4日(前期)、11月6日~12月13日(後期)春日大社国宝殿
芸能の美・杜園の心―奈良近代彫刻の名匠、森川杜園生誕200年にちなんで―

10時~17時(受付は16時30分まで)。今年は春日大社の芸能の保存にも尽力した近代彫刻の名匠、森川杜園生誕200年。同大社ではこれを記念し、寄贈されている旧森川杜園邸の能舞台の鏡板を保存修理して初公開するとともに、杜園の木彫作品や絵画などの名品を公開する。杜園の芸術はまさに春日大社の祭礼を母体として生み出された。杜園が心を注いだ芸能にまつわる作品を、その美の源泉となった芸能の装束や仮面とともに展示される。主な展示品は、通期で「武内宿禰像」(個人蔵)、「生玉伏(いくたまぶせ)白鹿座像(はくしかざぞう)」 (奈良市指定文化財、春日大社蔵)、「親子鹿」 (個人蔵)など。11月5日は休館。

住所 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄「奈良駅」から春日大社本殿行きバス終点、または市内循環バス「春日大社表参道」下車
お問い合わせ春日大社国宝殿 0742-22-7788

10月9日~12月18日壷阪寺
観音大めがねくぐり

8時30分~17時(受付は16時30分まで)。インドから招来された全長20㍍の大観音石像の顔のサイズに合わせて製作された「大めがね」をくぐって、眼病封じ、諸願成就を祈願する。

住所 高取町壷阪3
アクセス近鉄「壷阪山駅」から壷阪寺前行きバスで「壷阪寺前」下車すぐ
お問い合わせ壷阪寺 0744-52-2016

9月25日~12月12日奈良県立民俗博物館 企画展示室
企画展「奈良のくらしを支えたもの」

林業、売薬、金魚養殖、糸・布作り、そうめんといった地域ごとの「ものづくり」に着目して多種多様な道具を展示。秋季企画展では、屋根葺き・酒造り・藍染めをはじめとする生業の他、灯芯や様々な型、郷土玩具などを通してさらに広い角度から「ものづくり」を見つめ、常設展では語り尽くせなかった奈良の多彩なくらしとその魅力にふれる。

住所 大和郡山市矢田町545
アクセス近鉄「郡山駅」またはJR「大和小泉駅」から奈良交通バス「矢田東山」バス停下車 北へ 徒歩約10分
お問い合わせ奈良県立民俗博物館 企画展示室 0743-53-3171

10月15日~12月19日飛鳥資料館 特別展示室
秋期特別展「屋根を彩る草花 ―飛鳥の軒瓦とその文様」

飛鳥地域で使われた古代の軒瓦文様に焦点を当てた特別展。飛鳥には7世紀を通じて数多くの寺院が建立され、その屋根には本格的に瓦が葺かれるようになった。瓦葺きの建物は、造営に高度な技術が必要とされ、それまでの建物と比べて見た目も大きく変化を知る。

住所 高市郡明日香村奥山601
アクセスJR・近鉄「桜井駅」から奈良交通(36系統:明日香奥山・飛鳥資料館西行)バスで「飛鳥資料館」下車
お問い合わせ奈良文化財研究所 飛鳥資料館 0744-54-3561

9月4日~12月13日春日大社 国宝殿
秋季特別展「金工の美―王朝の優美な装飾から豪華な鎧の金具まで―」(国宝)

春日大社が所蔵する国宝の大鎧は究極の飾り金物で豪華に装飾されていることで有名。国宝や重要文化財の名宝を堪能できる。「最強の疫病終息の神―水谷社に祀る牛頭天王―」も同時開催。

住所 奈良市春日野町160
アクセスJR・近鉄奈良線「奈良駅」から奈良交通バス(春日大社本殿行) 約11~15分「春日大社本殿」下車すぐ
お問い合わせ春日大社  0742-22-7788

10月30日~12月5日談山神社
特別展 福川於良が描く万葉集のせかい(権殿)(談山神社)

墨と顔彩で表現する書画家福川於良の作品展。特別展は紅葉シーズンに重なり十三重塔などに映える絶景も楽しめる。

住所 桜井市多武峰319
アクセスJR・近鉄「桜井駅」下車、談山神社行バス終点下車 徒歩3分
お問い合わせ談山神社 0744-49-0001

11月19日~12月26日大和文華館
特別企画展「雪村とその時代」

東国の画僧雪村。その夢幻的で奇想にあふれる作品を、同時代に都で活躍した狩野派の作品などとともに眺め、雪村の独創性に迫る。

住所 奈良市学園南1-11-6
アクセス近鉄「学園前駅」下車、徒歩約7分
お問い合わせ大和文華館 0742-45-0544

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.