ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 千筋みずなとパルミジャーノのパスタ レモンの香りを添えて

ふるさとの味

オンライン書籍

千筋みずなとパルミジャーノのパスタ レモンの香りを添えて

掲載日:2010年4月15日
料理創作・監修/白水智子

千筋みずなとパルミジャーノのパスタ レモンの香りを添えて

材料(2人分)、1人分 486Kcal

千筋みずな180g(根元を落として)
ハム(ロース)3枚
スパゲティー120g
生クリーム100cc
白ワイン大さじ1
小さじ1/2
バター10g
EXバージンオリーブオイル大さじ1、仕上げ用には適量
パルミジャーノレッジャーノ好みの量
レモン(皮を使うので、できるだけ無農薬のもの)好みの量
ブラックペッパー好みの量

作り方

(1) 水菜はよく洗い、根元を落とし、3cm程度の幅に切る。ハムは半分に切り千切りにする。
(2) フライパンにオリーブオイル大さじ1をなじませ、ハムを炒める。白ワインを入れ沸騰させ、生クリームを加え、塩も入れさっと煮立て火を止める。
(3) たっぷりのお湯を沸かし、塩一つかみ入れ、スパゲティーをゆでる。
(4) 固めに茹で、(2)のフライパンに入れ、水菜も加え炒める。
(5) 水菜がしんなりしたら塩加減をみて、塩で味を調える。水分が足りないようだったら、ゆで汁を少し加える。最後にバターを加え、火を止める。
(6) 器に盛り、ピーラー等で削ったパルミジャーノをかけ、ブラックペッパーを挽き、レモンの皮をおろしかける。好みで、バージンオリーブオイルをまわしかける。

ポイント

水菜を炒めすぎないように。シャキシャキ感を残して!水菜のほろ苦さとパルミジャーノのコクとほろ苦さがよく合い、クリームが加わることによって、まろやかになります。レモンの香りが爽やか。

千筋みずな(せんすじみずな)

特徴

古くから水田の裏作に栽培されてきた野菜。株元からすっと伸びる細く白い茎と、緑色のギザギザした葉とがみずみずしい色合いをみせる。奈良で栽培されているものは、葉が細く葉先の切れ込みが深い。シャキシャキとする歯ごたえを楽しむために、火を通しすぎないのがコツ。通年栽培されるが、寒い冬から春先にかけてがもっともおいしい季節。大和の伝統野菜に選ばれている。

主に11月下旬~5月初旬(通年栽培)
料理法 鍋物、和え物、サラダなど
生産地 奈良市、天理市、曽爾村、御杖村
販売場所

JAならけんの農産物直売所
奈良県内のイオン系列量販店など

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-2767.htm

千筋みずな(せんすじみずな)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.