ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和牛・トマト・卵の中華風炒め 花みょうがを添えて

ふるさとの味

オンライン書籍

大和牛・トマト・卵の中華風炒め 花みょうがを添えて

掲載日:2011年7月13日
料理創作・監修/白水智子

大和牛・トマト・卵の中華風炒め 花みょうがを添えて

材料(2人分)、1人分582Kcal

大和牛 焼肉用ロース150g
下味用
 ・塩少々
 ・胡椒少々
 ・ごま油小さじ1
 ・酒小さじ1
 ・片栗粉小さじ1
トマト大1個
炒り卵
 ・大和なでしこ卵2個
 ・塩少々
 ・胡椒少々
 ・酒大さじ2
 ・ごま油大さじ1
花みょうが2個
細葱または浅葱3本程度
小さじ1/2
砂糖小さじ1/3
大さじ1
ごま油 炒め用大さじ1
ごま油 仕上げ用小さじ1
水溶き片栗粉
 ・片栗粉小さじ1
 ・水大さじ2

作り方

(1) 牛肉は一口大に切り、下味用調味料で和えておく。
(2) トマトは8等分のくし切りにし、さらに斜め半分に切っておく。
(3) 花みょうがは斜め薄切りにし、水にさっとさらす。細葱(または浅葱)は小口切りにする。
(4) 卵はボウルに割り入れ、塩、胡椒、酒も加えよく撹拌する。
(5) フライパンにごま油大さじ1を馴染ませ、(4)の卵を入れ、炒り卵を作りボウルに戻しておく。
(6) 同じフライパンにごま油大さじ1を馴染ませ、(1)の牛肉を焼く。両面にさっと火が通ったらトマト、炒り卵を加え、酒、塩、胡椒を加え炒める。
水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げ用のごま油を入れ、火を止める。
(7) 器に盛り、細葱(または浅葱)を散らし、花みょうがをあしらう。

ポイント

※トマトを入れたら、炒めすぎないよう、手早く作りましょう。
※牛肉は薄切り肉でも美味しくできます。
※トマトがたくさんあるときは、量を増やしても美味しいです。その場合、調味料も少し増やしてください。

大和牛(やまとうし)

特徴

鎌倉末期、国内の良牛ばかりをまとめた『国牛十図』にも掲載された奈良の黒毛和牛。みつえ高原牧場(宇陀郡御杖村)などで丹精込めて育成され、生後30ヶ月以上であること、14ヶ月以上県内で育てられたこと、出産前の雌であることが条件。他の高級牛に比べて価格は安い。赤みが強く、濃いのにあっさりした味わいが特長。

料理法焼き物、煮物、すき焼きなど
生産地奈良県中南部
販売場所

県内各地の指定販売店で販売(大和牛の「楯」と「シール」が目印)

参照

奈良県大和牛流通推進協議会ホームページ「大和牛」
http://www.yamatoushi.com/

大和牛(やまとうし)

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.