ホーム > グルメ > ふるさとの味 > ひもとうがらしと笠そばのサラダ風

ふるさとの味

オンライン書籍

ひもとうがらしと笠そばのサラダ風

掲載日:2011年8月10日
料理創作・監修/白水智子

ひもとうがらしと笠そばのサラダ風

材料(4人分)、1人分206Kcal

蕎麦(乾麺)160g
ひもとうがらし90g
炒め用オリーブオイル大さじ1
紫玉葱50g
大葉8枚
すだち2個
オリーブオイル小さじ1
<かけ汁>
 鰹出汁200cc
 酒30cc
 みりん大さじ1
 薄口醤油大さじ1.5
 濃口醤油大さじ2
 さとう小さじ1/2

作り方

(1) 鰹出汁をとり、分量の調味料を入れ煮立たせ、冷ましておく。
(2) ひもとうがらしはヘタを取り、長いものは2~3等分に切っておく。
(3) 紫玉葱は皮を剥き、薄くスライスし、水でさらし、ざるに上げ水気を切る。
(4) 大葉は千切りにし、水でさらし、ざるに上げ水気を切る。
(5) すだちは、半分または、4等分に切っておく。
(6) フライパンにオリーブオイルを馴染ませ、(2)のひもとうがらしをさっと炒め、ボウルに上げておく。
(7) ひもとうがらしの粗熱が取れたら、(3)の紫玉葱も入れ、和えておく。
(8) 鍋にお湯を沸かし、蕎麦を茹でる。茹で上がったら、冷水でよくもみ洗いし、ざるに
上げ、しっかり水気を取り、(7)のボウルに入れ、オリーブオイルを入れ、混ぜる。
(9) 器に(8)のひもとうがらしと蕎麦を盛り、大葉、すだちをあしらい、出汁(1人当たり約大さじ4)をまわしかける。

ポイント

※ひもとうがらしは炒めすぎないようにしましょう。色が鮮やかになれば大丈夫です。
※食べる直前に汁をかけてください。またすだちは好みで量を加減してください。

笠そば

特徴

三輪山の東、桜井市笠の標高400~500mの中山間地域で栽培されるそば。笠の気候が品質のよいそばを育んでくれる。種まきは8月中旬。9月中旬には15haの畑一面に、白いそばの花が咲き信州の高原のような風景が広がる。10月末に刈り取られたそばの実は、12月には新そばとしていただける。

新そば 12月~
料理法かけそば、ざるそばなど
生産地桜井市笠
販売場所

荒神の里・笠そば処(桜井市笠4408)
食事/荒神の里・笠そば処
10時~16時、水曜(祝日、28日を除く)定休、12/30・31休、TEL 0744-48-8410
乾麺販売/荒神野菜直売所(荒神の里・笠そば処横)
9時~16時、水曜(祝日、28日を除く)定休、12/30・31休、TEL 0744-48-8410

参照

「荒神の里・笠そば処」
http://www2.mahoroba.ne.jp/~kasasoba/

笠そば

ひもとうがらし

特徴

細くて長い姿かたちが特徴的なとうがらし。太さは直径5mmほど。とうがらしと名はつくが辛みの少ない品種で、皮もやわらかく食べやすい。ビタミンCやカロチン、食物繊維も豊富で、油との相性は抜群。盛夏には濃い緑色の実をたくさんつける。

7月~9月
料理法炒め物、てんぷら、つけ焼き、煮ぴたしなど
生産地大和郡山市、天理市、橿原市など
販売場所

奈良県内の道の駅、JAなどの朝市、スーパーなど

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/8038.htm

ひもとうがらし

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.