ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 大和ふとねぎのスープ

ふるさとの味

オンライン書籍

大和ふとねぎのスープ

掲載日:2013年2月13日
料理創作・監修/白水智子

甘いたっぷりの大和ふとねぎ、ぶいごとに特徴を活かしてほっこり温まるスープにしました。この季節にしか味わえない太ねぎを十分楽しんでください。

大和ふとねぎのスープ

材料(4人分) 1人分 149.6Kcal

大和ふとねぎ
 白い部分150g
 青い部分50g
ベーコン 薄切り30g
そうめん50g
黒胡椒適量
400cc
豆乳400cc
白味噌小さじ2
小さじ1/2強
バター5g

作り方

(1) 太ねぎの白い部分は斜め薄切り、青い部分は薄く小口切りにしておく。
(2) ベーコンは3㎜程度の厚さに切る。
(3) 鍋に分量の水を入れ、太ねぎの白い部分とベーコン、塩を入れ、沸騰させ、灰汁を取り、弱火でねぎが柔らかくなるまで煮る。
(4) そうめんを茹で、ざるに取り、水でしっかり洗っておく。
(5) ねぎが軟らかくなったら、豆乳、白味噌を入れ、白味噌が溶けたら味をみて、塩で調整する。ねぎの青い部分も入れしんなりさせる。
(6) 器にそうめんを入れ、(5)のスープを入れる。
(7) バターを添え、黒胡椒を挽く。

ポイント

※豆乳を入れたら、ぐらぐら煮ないよう、注意しましょう。煮ると分離します。
※好みで、そうめんの量をもうすこし多くしてもよいでしょう。

大和ふとねぎ

特徴

よく太った白根部分から分岐する、青々とした葉が特徴の一本ネギです。白い部分は長ネギに比べて太く短く、すんぐりとした印象を与えます。タンパク質や辛み成分が多く含まれる白根部分は、加熱すると甘みと風味が引き立ってたいへん美味。また緑葉部分も先端までおいしくいただけます。

10月~2月
料理法すき焼き、焼き物、煮物など
生産地天理市、葛城市など
販売場所

県内各地直売所、スーパーなど

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-8028.htm

大和ふとねぎ

三輪素麺

特徴

奈良時代、三輪の大神神社の神主が村人に製法を教えたとも、中国の唐菓子の一種が変化したとも伝わる三輪素麺は、奈良の特産品の代表格。極寒の冬に手延べで作られる素麺は、職人の経験と技とが光る、舌触り、歯ごたえすべて最高級の製品です。

料理法冷やし素麺、にゅうめんなど
生産地桜井市三輪
販売場所

桜井市三輪周辺

参照

奈良県三輪素麺工業協同組合
http://www.miwasoumen-kumiai.com/index.html

三輪素麺

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.