ホーム > グルメ > ふるさとの味 > 菊菜と豆腐の卵とじ

ふるさとの味

オンライン書籍

菊菜と豆腐の卵とじ

掲載日:2013年3月15日
料理創作・監修/白水智子

香り豊かな菊菜がたっぷり。豆腐と卵でやさしい味に仕上げています。早春の香りを楽しんでください。

菊菜と豆腐の卵とじ

材料(4人分) 1人分120.6Kcal

大和きくな1束(約150g)
絹ごし豆腐150g
生シイタケ2個(約40g)
全卵2個
出汁300cc
薄口醤油小さじ1
大さじ2
砂糖小さじ1
小さじ1/4~1/3

作り方

(1) 菊菜はよく洗い、3等分程度に切っておく。シイタケは石づきを取り、5mm程度の幅に切る。
(2) 豆腐は3cm程度の長さ、1cm幅程度の短冊に切る。
(3) 昆布と鰹で出汁を取る。
(4) 鍋に出汁と調味料類すべてとシイタケ、豆腐を入れさっと煮る。味をみて、塩で調える。
(5) 菊菜を(4)に入れ、しんなりしたら溶き卵を流し入れ、蓋をして煮立ったら火を止め蒸らし、固める。

ポイント

※ 豆腐はあまり分厚くならないように切ったほうが、味が馴染みやすく美味しいです。
※ 菊菜は煮すぎないように注意しましょう。

大和きくな

特徴

葉の切れ込みが深い中葉系と、独特の香りが柔らかい大葉系の両方の特徴をもつ、中大葉系の大和きくな。奈良県北部の生産農家で誕生し、いまでは全国にも出荷されています。シャキシャキとした歯ごたえ、何ともいえない菊の香は、まさに冬の味覚の代表です。

12月~3月
料理法鍋物、すき焼き、おひたしなど
生産地曽爾村、奈良市、天理市など
販売場所

奈良県内の大手量販店、スーパー、道の駅など

参照

奈良県「大和野菜公式ホームページ」
http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=8045

大和きくな

大和野菜や特産品は店頭に並んでいない場合もありますので、お出かけ前にお問い合わせください。

奈良のうまいもの公式ページ

プロフィール/白水智子(しらみず ともこ)
料理家。「クッキングサロン Tomoko's Table」主宰。著書に『ふだんの食材で気軽につくる人気のおもてなし料理~奈良発 Tomoko‘s Tableの美味しいレシピ~』(旭屋出版)など。
ブログ「膳-Sai」http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006

記事一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.