ホーム > 歴史・文化 > 勝手に奈良検定キッズ > 第1回 勝手に奈良検定キッズ

勝手に奈良検定キッズ

オンライン書籍

第1回 勝手に奈良検定キッズ

問題1

奈良の東大寺(とうだいじ)や大仏さまを造ったのは、次のだれでしょう?

1.聖武天皇(しょうむてんのう)
2.桓武天皇(かんむてんのう)
3.天武天皇(てんむてんのう)
4.持統天皇(じとうてんのう)

正解

正解は、1の聖武天皇。

聖武天皇は奈良時代の天皇で、仏教の教えをとっても気に入り、仏教を中心にして国をまとめていこうと考えた天皇なんだ。そのためには、まず国を代表するような大きなお寺、つまり、東大寺を建てようと決めたんだ。お寺におまつりする仏像も、みんながありがたいと思えるような大きな仏さまを造ろうと考えたんだね。それが大仏さまだよ。大仏さまはいまからおよそ1300年前の752年に完成した。でもそのあと何度も燃えて修理されて、いまの姿になったんだ。高さ約15m、見上げても目のなかに入りきらないほど大きいね!そうそう、大仏殿(だいぶつでん)には、大仏さまの鼻の穴と同じ大きさの穴があいている柱があるから、通りぬけられるかどうか、ぜひチャレンジしてね!

問題一覧

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.