奈良の地域情報を発信!

ホーム > 地元新発見 > ブリュワリー&ゲストハウス 奥大和ビール TAP to BED

地元新発見

ブリュワリー&ゲストハウス 奥大和ビール TAP to BED

ゲストハウス ビール醸造所

奈良県の南東部、豊かな自然が残るエリア・宇陀市。ここに、地元の方や観光客に人気のクラフトビールのお店「TAP ROOM」があります。「飲んで、泊まれるブリュワリー」を目指していた代表の米田義則さんは、隣接する家屋を改修し、ゲストハウス「TAP to BED」をオープン。ビール好きはもちろん、誰もが気取らず、気軽に利用できるゲストハウスを目指してスタートしました。

開業に至るまでの経緯

2018年: 3月、ブリュワリー「奥大和ビール」を開業。ビールの製造を開始し、11月「奥大和TAP ROOM」を開業。
2020年: 5月に「奥大和 TAP to BED」の開業に向け、クラウドファンディング開始。集まった支援金はゲストハウスの改修工事に使用。
2021年: 2月、「奥大和 TAP to BED」の営業開始。

「飲んで泊まれるブリュワリー」をめざして

元酒屋だった古民家を改修した「奥大和ビールTAP ROOM」(左側)とゲストハウス「TAP to BED」(右側)

古い町家が残る宇陀市の観光スポット「松山地区」のほど近く、「道の駅 宇陀路大宇陀」に隣接する「奥大和ビール TAP ROOM」。このエリアは、昔から交通の要衝として、商人や旅人たちの宿場町としても栄えた場所で、現在でも多くの観光客が立ち寄るスポットです。こうした立地から、同店への来店者の多くは観光客。特に、車やオートバイで立ち寄るドライバーが多いため、ビールを飲めずに店を後にする人が多いことが課題でした。地元出身でもある店主の米田さんは「宿泊施設があれば、ゆっくりビールを楽しんでもらえるうえ、宇陀でのステイ時間が長くなり、宇陀観光も充実するのでは?」とゲストハウスの設立を考案。クラウドファンディングなどを利用して資金を集め、納屋として使っていた場所を改修。2021年2月、飲めて、泊まれるゲストルーム、その名も「TAP to BED」をオープンしました。

8名の作家によるオリジナルのタップ(注ぎ口)からビールを注ぐ代表の米田さん

宇陀の自然を臨むゲストルーム

玄関を開けると開放感ある土間。今後は宿泊客同士が交流を図れる共有スペースにも活用。

ゲストルーム「TAP to BED」は、「TAP ROOM」のすぐ隣の建物。玄関扉を開けると、開放的な土間が広がり、奥はシャワールームと洗面スペースが完備。



和室から宇陀の自然を眺めるていると時間を忘れてしまいそう…。

2階の宿泊スペースは、全3部屋。和室(4名用)の窓からは、宇陀の豊かな自然が堪能できます。夜は静かで、灯も少なく、ビールを飲んだあと、山間部に広がる満面の星空も楽しめます。

「奥大和ビール アロマホワイト」ハーブの香りが口いっぱいに広がる白ビール

評判の高いクラフトビールは、どれも米田さんが考案したオリジナル。宇陀の名産でもある和ハーブを使った定番ビールのほかに、地元の果実園とのコラボした、果物を原料にした新商品も開発するなど、ビール好きを虜にする試みが随所にあふれています。「宇陀を基盤に、いろんな人たちとコラボし、刺激をもらいたい」と米田さん。「TAP to BED」には、訪れる人を和ませ、目一杯楽しませてくれる遊び心も満載です。

編集スタッフが見つけた!こだわりポイント

①もともと酒屋だった古民家を改装。精巧な欄間から、古民家の風合いを感じます。

②シンプルで、落ち着いた雰囲気の洋室(2名部屋)。

③夕食は、当店オリジナルメニューの「スパイスカレー」ビールとの相性抜群!(オプション)

④宿泊客向けに、ビールの醸造風景も見学できます(要予約)。

ブリュワリー&ゲストハウス 奥大和ビール TAP to BED

TEL 0745-88-9001
住所 宇陀市大宇陀拾生672-1
ホームページ http://okuyamato-beer.jp
宿泊料金 ¥6,600~(1名あたり) ※プランによって異なる
アクセス 近鉄榛原駅下車、バスで「大宇陀」下車、徒歩1分
あわせていかが?
\魅惑の奧大和で心もお腹もほっこり♡/


なら女子旅『「奥大和」へ♡ホットでSweetな大人旅』

\奈良の食材を取り入れたラーメンをぜひ!/


超おすすめ!絶品ラーメン「榛原らーめん こうや」

\世界のカエデを楽しめますよ♪/


行員のおすすめ情報『奈良カエデの郷「ひらら」』

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.