ホーム > 見どころ情報 > 称名寺

見どころ情報

オンライン書籍

称名寺

お茶室のある珠光ゆかりの寺

称名寺文永2年(1265)、興福寺学僧・専英と琳英兄弟が創建した。当初は興福寺の北側にあったため「興北寺」と呼ばれ、宮廷の勅願寺であったとも伝わる広大な寺院だった。室町時代に現在地に移された。創建以来、興福寺の別院だったが、明治時代の廃仏毀釈により分離した。わび茶の境地を開拓した珠光(じゅこう/しゅこう)が居住していたことから、茶室・獨盧庵(どくろあん)などのゆかりの建物や品々が伝えられている。毎年5月15日、珠光忌が営まれる。

名称称名寺(しょうみょうじ)
所在地〒630-8254 奈良市菖蒲池町7
TEL称名寺 0742-23-4438
URLhttp://www.eonet.ne.jp/~syomyoji/
休日非公開(珠光忌の5月15日のみ公開)
料金【本堂・茶室】1000円(10名以上の参加は要事前申し込み)
拝観、開館、開園時間10:00~15:00
駐車場有り/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号経由、約7km、約15分
交通(公共交通機関)近鉄奈良駅から徒歩約10分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.