ホーム > 見どころ情報 > 氷室神社

見どころ情報

オンライン書籍

氷室神社

氷業を守る奈良時代からの古社

氷室神社の写真和同3年(710)、春日野の吉城川上流に氷室や氷池の守り神として山の神や風の神を祀り、順調な天候を祈願したのがはじまりとされている。平城京遷都に際して鎮祀され、毎年平城宮に氷を献上した。5月に行われる献氷祭はその故事にあやかり、全国各地の製氷業者や氷小売業者が参列し、神前に「鯉の滝のぼり」などの氷柱を奉納して業界繁栄を祈願する。氷室神社は「三方楽所(がくしょ)」南都方が明治3年まで置かれており、奈良の舞楽伝承の拠点となっていた。

名称氷室神社(ひむろじんじゃ)
所在地〒630-8212 奈良市春日野町1-4
TEL氷室神社 0742-23-7297
URLhttp://www.himurojinja.jp/
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号、369号経由、約7km、約15分
交通(公共交通機関)JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、氷室神社・国立博物館下車すぐ

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.