ホーム > 見どころ情報 > 白毫寺

見どころ情報

オンライン書籍

白毫寺

南都一望 閻魔さまの古寺

白毫寺天智天皇の第七皇子・志貴皇子の山荘跡と伝わる。石段が美しく、境内からの展望も良い景勝地である。鎌倉時代、道照が中国から持ち帰った「宋版一切経」を転読したことから「一切経寺」ともよばれた。本尊の阿弥陀如来をはじめ閻魔王とその眷属(けんぞく)など、多くの仏像を収蔵する。樹齢約450年の古木五色椿は「七福神」の別名もあり、奈良三銘椿のひとつとして親しまれている。

名称白毫寺(びゃくごうじ)
所在地〒630-8302 奈良市白毫寺町392
TEL白毫寺 0742-26-3392
休日無休
料金大学生・大人500円、中高生300円、小学生200円
拝観、開館、開園時間9:00〜17:00
駐車場無し(近隣に有料駐車場有り)
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号、369号、169号経由、約9km、約20分
交通(公共交通機関)JR・近鉄奈良駅から山村町・藤原台行きバスで約14分、高畑住宅下車、徒歩約20分

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.