ホーム > 見どころ情報 > 村屋坐弥冨都比売神社

見どころ情報

オンライン書籍

村屋坐弥冨都比売神社

大海人皇子を助けた縁結びの神

jisha-095p『日本書紀』によれば、この神は、壬申の乱のとき大海人皇子(おおあまのおうじ、天武天皇)へ「いまわが社の中道より軍衆至らむ、ゆえ、社の中道を塞ぐべし」という神託を与えたという。この功績から、神社としては初めて位階を授けられた古社。祭神は三穂津姫命(みほつひめのみこと)と大物主命(おおものぬしのみこと)の夫婦神。縁結び、家内安全の神として信仰される。拝殿で舞う神楽は村屋坐弥冨都比売神社独特のもの。奈良県中部地区の神楽の原型とされている。

名称村屋坐弥冨都比売神社(むらやにいますみふつひめじんじゃ)
所在地〒636-0234 磯城郡田原本町蔵堂423
TEL村屋神社 0744-32-3308
URLhttp://www.murayajinja.com/
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道郡山ICから国道24号経由、約7km、約15分
交通(公共交通機関)近鉄田原本駅から徒歩約30分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.