ホーム > 見どころ情報 > 帯解寺

見どころ情報

オンライン書籍

帯解寺

皇室との関わり深い安産・子授けの寺

帯解寺創建は天安2年(858)。文徳天皇が帯解子安地蔵菩薩に皇后の安産を祈願したところ無事に清和天皇が誕生したため、寺号を帯解寺と定めたという。いまも皇室との関わりは深く、皇室関係者の懐妊の折には祈願法要を行い、岩田帯やお守りが献納される。本尊地蔵菩薩立像は鎌倉時代作の重要文化財。腹側に帯を結ぶ姿から、腹帯地蔵とよばれ、安産の信仰を集め、年中行事も子安安産に関わるものが多い。毎月戌(いぬ)の日には安産を願う多くの参拝者が全国から集まる。

名称帯解寺(おびとけでら)
所在地〒630-8444 奈良市今市町734
TEL帯解寺 0742-61-3861
URLhttp://www.obitokedera.or.jp/
休日無休
料金秘仏特別公開/大学生・大人400円(ただし秘仏公開期間中は500円)、高校生300円、中学生200円、小学生100円
拝観、開館、開園時間9:00~16:00(入山は16:00まで)
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道169号経由、約3km、約6分
交通(公共交通機関)JR帯解駅から徒歩約5分

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.