ホーム > 見どころ情報 > 漢国神社

見どころ情報

オンライン書籍

漢国神社

近鉄奈良駅に近い街中のお社

推古元年(593)創建という古刹。『大三輪神三社鎮座次第』には大三輪君白堤(おおみわのきみのしらつつみ)が春日邑(ムラ)の率川と坂岡に社を建て、大物主命(おおものぬしのみこと)と媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)を祀ったとある。平安末期以降衰微し、春日大社の末社となって興福寺の支配を受けた。桧皮葺の屋根を持つ本殿は、桃山時代の様式を伝える。境内には室町時代に来日し、饅頭の製法を人々に教えたという林浄因(りんじょういん)やその子孫を祀る林神社がある。

名称漢国神社(かんごうじんじゃ)
所在地〒630-8242 奈良市漢国町2番地
TEL漢国神社 0742-22-0612
URLhttp://www.kangou-jinja.jp/
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間6:00~18:00
駐車場有り(4~6台)/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号、369号経由、約7km、約15分
交通(公共交通機関)近鉄奈良駅から徒歩約5分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.