ホーム > 見どころ情報 > 喜光寺

見どころ情報

オンライン書籍

喜光寺

蓮の花が咲き誇る「試みの大仏殿」

養老5年(721)に行基が創建した古刹で、行基は後にこの寺で遷化した。当初は菅原寺と呼ばれていたが、天平20年(748)に聖武天皇が参詣した際、本尊から光が放たれ、喜ばれた天皇が喜光寺と改名した。本堂は、薬師寺の東塔や金堂と同様に裳階(もこし)を設けた復古建築。行基が東大寺建立の際の参考にしたと伝えられることから「試みの大仏殿」と呼ばれる。夏期(6月~8月)には境内におかれた200鉢の蓮が咲き誇り、多くの参詣者で賑わう。

名称喜光寺(きこうじ)
所在地〒631-0842 奈良市菅原町508
TEL喜光寺 0742-45-4630
URLhttp://www.kikouji.com/
休日無休
料金高校生~大人500円、小中学生300円
拝観、開館、開園時間9:00~16:30(蓮の開化時期の7月土日祝は7:00~16:30)
駐車場有り/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号経由、約1km、約5分
交通(公共交通機関)近鉄尼ヶ辻駅から徒歩約10分、近鉄大和西大寺駅から徒歩約20分

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.