ホーム > 見どころ情報 > 慈光院

見どころ情報

オンライン書籍

慈光院

大和三名園を擁する茶人石州ゆかりの寺院

江戸時代初期の大和の大名で、石州流茶道の流祖、片桐石州(かたぎりせきしゅう)が、父貞隆(さだたか)の菩提をとむらうため建立した寺院。境内全体が茶席空間としてデザインされ、建造当時そのままのかたちで残っている。また書院前の枯山水(かれさんすい)の庭園は、當麻寺(たいまでら)の中ノ坊、吉野山の竹林院とともに「大和三名園」とされる。表の門から座敷や庭園、茶室にいたるまで、茶人・石州の演出がたくみに反映されており、低い鴨居の高さまで計算され尽くしている。開放された書院で味わう茶は格別。

名称慈光院(じこういん)
所在地〒639-1042 大和郡山市小泉町865
TEL慈光院 0743-53-3004
URLhttp://www1.kcn.ne.jp/~jikoin/
休日無休
料金小学生以上 1000円(抹茶付き)
拝観、開館、開園時間9:00~17:00
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道大和まほろばスマートICから約3.8km、約8分
交通(公共交通機関)近鉄郡山駅から法隆寺行きバスで約18分、片桐西小学校下車、徒歩約2分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.