ホーム > 見どころ情報 > 法華寺

見どころ情報

オンライン書籍

法華寺

美しい光明皇后の写し姿・十一面観音立像

奈良時代、光明皇后の発願により総国分尼寺として建立された。中宮寺、円照寺とともに大和三門跡尼寺に数えられる。平安時代末の南都焼き討ち後は衰退。重源、叡尊らによって再興が進められた。その後も大火災や地震によってふたたび失われたが、慶長6年(1601)には本堂・南門・鐘楼(いずれも重文)が再建された。光明皇后を写したという十一面観音立像(国宝)は「佐保三観音」の1つ。境内には、光明皇后が療養者のために設けた「からふろ」があり、皇后自ら病人の垢を流したという伝説が残る。

名称法華寺(ほっけじ)
所在地〒630-8001 奈良市法華寺町882
TEL法華寺 0742-33-2261
URLhttp://www.hokkeji-nara.jp/
休日無休
料金高校生~大人500円、中学生300円、小学生200円、本尊開帳/高校生~大人700円、中学生500円、小学生300円、華楽園/高校生~大人300円、中学生200円、小学生100円
拝観、開館、開園時間9:00~17:00
駐車場有り/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号経由、約5km、約10分
交通(公共交通機関)JR・近鉄奈良駅から航空自衛隊行き、西大寺行きバスで約12分、法華寺前下車、徒歩約2分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.