ホーム > 見どころ情報 > 矢田寺

見どころ情報

オンライン書籍

矢田寺

お地蔵さんで知られるあじさい寺

大海人皇子(のちの天武天皇)により天武8年(679)に創始したと伝わる。正式名称は「金剛山寺」、別名「あじさい寺」と呼ばれ、境内には約10000株、60種のアジサイが植えられている。「矢田の地蔵さん」として親しまれている本尊の延命地蔵菩薩は「矢田型」と呼ばれる様式。通常地蔵が持つ錫杖(しゃくじょう)を持たず、右手は阿弥陀仏(あみだぶつ)の印を結んでいる。境内には「味噌なめ地蔵」「見送り地蔵」はじめ石仏が多い。裏山には全長約3.5kmの「矢田寺四国へんろ道」が復元、整備されていて、約1時間半で「四国88所巡礼」ができるようになっている。

名称矢田寺(やたでら)
所在地〒639-1058 大和郡山市矢田町
TEL矢田寺大門坊 0743-53-1445、北僧坊 0743-53-1531、南僧坊 0743-52-3871、念佛院 0743-53-1522
URL矢田寺大門坊 http://www.yatadera.or.jp/、北僧坊 http://www.yatatemple.com/
休日無休
料金通常/無料、6月1日~7月10日のあじさい開花期/大人500円、小学生200円
拝観、開館、開園時間8:30~17:00
駐車場有り(民営駐車場)/有料(普通車200~500円、大型バス2台)
交通(マイカー)西名阪自動車道法隆寺ICから約8km、約20分、または第2阪奈道路中町ランプから約6km、約15分
交通(公共交通機関)近鉄郡山駅から矢田寺前行きバスで約20分、終点下車、徒歩約5分(あじさいのシーズンはJR法隆寺駅から臨時バスの運行あり)

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.