ホーム > 見どころ情報 > 霊山寺

見どころ情報

オンライン書籍

霊山寺

四季の堂塔とバラ園をめぐる

天平6年(734)、阿倍内親王の病気平癒を願って、行基(ぎょうき)が創建にあたった。釈迦が説経したインドの霊鷲山(りょうじゅせん)に似ていることから、大仏開眼会の導師を務めたインドの渡来僧・菩提僊那(ぼだいせんな)によって名付けられたという。本堂(国宝)は弘安6年(1283)建造。三重塔は鎌倉時代の建造(重文)。数々の寺宝とともに知られるのが、境内のバラ園。春と秋にかけての開花時期には、200種類2000株ものバラが色とりどりに咲き乱れ、甘い香りが漂う。

名称霊山寺(りょうせんじ)
所在地〒631-0052 奈良市中町3879
TEL霊山寺 0742-45-0081
URLhttp://www.ryosenji.jp/
休日無休
料金通常/高校生~大人500円、小・中生250円、バラの開花時期/高校生~大人600円、小・中生300円
拝観、開館、開園時間8:00~17:00(ただし本堂拝観は9:30~16:30)
駐車場有り(150台)/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路中町ICから約1km、約3分(奈良方面からは、中町ICへ出られない)、または阪奈道路三碓(みつがらす)から約1km、約3分
交通(公共交通機関)近鉄富雄駅から若草台行きバスで約10分、霊山寺下車すぐ

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.