ホーム > 見どころ情報 > 石舞台古墳

見どころ情報

オンライン書籍

石舞台古墳

蘇我馬子を葬った「桃原墓」か

飛鳥のシンボル的な遺跡。昭和初年の発掘調査で、盛り土が除かれた石室の全容が明らかになった。一辺約50mの基壇をもつ方墳で、横穴式石室は全長約19m。玄室は高さ4.7m、幅3.5m。7世紀はじめに造られ、『日本書記』推古34年(626)に「亡くなった蘇我馬子(そがのうまこ)を葬る」と記された「桃原墓(ももはらのはか)」ではないかといわれる。馬子は聖徳太子と推古天皇を支えた時の最高権力者。飛鳥川の辺りに邸宅を構え、庭に掘った池の中に小さな島を築いたので「嶋大臣(しまのおとど)」と呼ばれた。

名称石舞台古墳(いしぶたいこふん)
所在地〒634-0112 高市郡明日香村島庄
TEL一般財団法人明日香村地域振興公社 0744-54-4577、0744-54-9200
休日無休
料金大人250円、高校生200円、中学生150円、小学生100円
拝観、開館、開園時間8:30~17:00(受付は16:45まで)
駐車場有り/無料(繁忙期は駐輪場に、有料駐車場を利用)
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから国道165号、24号、169号経由、約15km、約33分
交通(公共交通機関)近鉄橿原神宮前駅から明日香周遊バスで約10分、石舞台下車、徒歩約3分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.