ホーム > 見どころ情報 > 大台ケ原

見どころ情報

オンライン書籍

大台ケ原

貴重な動植物が生きる太古の原生林

吉野熊野国立公園で上北山村北部に位置する、標高約1600mに広がる山岳地帯。年間降雨量は3500mm以上で、日本でも有数の降雨地帯。トウヒやブナなど紀伊半島本来の原生林の姿を残し、カモシカやニホンジカ、アカゲラ、オオダイガハラサンショウウオなど、数多くの動物が生息する大自然の宝庫。紅葉の季節は大台ケ原へ向かうまでのドライブウェーも美しく彩られ、途中の分岐からは小処(こどころ)温泉へ抜けることもできる。

名称大台ケ原(おおだいがはら)
所在地〒639-3702 吉野郡上北山村小橡660-1
TEL大台ケ原ビジターセンター 07468-3-0312、上北山村商工会 07468-3-0070
休日無休(ただし11月下旬~4月下旬の冬期は道路閉鎖)
料金無料
拝観、開館、開園時間9:00~17:00(西大台ケ原は要申請、詳しくは上北山村商工会へ問い合わせ)
駐車場有り(約200台)/無料
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから国道169号経由、約90km、約2時間30分
交通(公共交通機関)近鉄大和上市駅から大台ケ原行きバスで約1時間51分、終点下車(バスの運行本数に注意)

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.