ホーム > 見どころ情報 > 若草山

見どころ情報

オンライン書籍

若草山

四季折々楽しめる奈良市のシンボル

奈良公園の東端になだらかな山すそを広げ、奈良市のシンボルとして愛される山。標高342m、全山芝生で覆われ、丘が笠のように3段重なっていることから三笠山とも呼ばれる。山頂へは、開山期に麓から登るのもよし、あるいは奈良奥山ドライブウェイを通って一気に車で向かうのもよし。頂上からは、東大寺大仏殿をはじめ、平城宮跡、さらに大和三山や生駒山なども見渡せる。また山頂には4世紀後半に造られ、『枕草子』に「塚はうぐいす」と称えられた前方後円墳・鶯塚(うぐいすづか)古墳がある。

名称若草山(わかくさやま)
所在地奈良市春日野町若草157
TEL奈良公園事務所 0742-22-0375
URLhttp://www.pref.nara.jp/6553.htm
休日開山期間(3月第3土曜~12月第2日曜)は無休
料金中学生以上150円、3才以上80円
拝観、開館、開園時間9:00~17:00
駐車場周辺に駐車場有り
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号、369号経由、約7km、約15分
交通(公共交通機関)JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約5分、大仏殿春日大社前下車、徒歩約10分

関連リンク

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.