ホーム > 見どころ情報 > かしば・屯鶴峯温泉

見どころ情報

オンライン書籍

かしば・屯鶴峯温泉

地形にちなんだ温泉名

香芝市総合福祉センターに開設された温泉施設。大浴場、サウナ、水風呂、ジャグジー、うたせ湯、露天風呂がある。福祉センターならではの配慮で、介護が必要な人のための特別室もある(利用するには家族の介助が必要。要予約)。屯鶴峯(どんづるぼう)とは、二上山が噴火したときにできた凝灰岩の断崖(県天然記念物)で、あたかも鶴がたむろしているように見えることからついた。香芝市からはこの奇景が眺望でき、温泉の名前はこれに由来する。

名称かしば・屯鶴峯温泉(かしば・どんづるぼうおんせん)
所在地〒639-0251 香芝市逢坂1-374-1
TEL香芝市総合福祉センター 0745-79-7526
休日木曜、一部祝日、年末年始
入湯料金市内在住者/大人(中学生以上)500円、小人(小学生)300円、60~64歳300円、65歳以上200円 市外在住者/大人800円、小人500円
営業時間11:00~20:00(受付は30分前まで)
日帰り日帰り入浴のみ
泉質単純温泉 
泉温30℃(浴用加熱)
効能神経痛、リウマチ性疾患、筋肉痛、関節痛、運動機能障害など
駐車場有り(150台)/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道香芝ICから国道168号、165号経由、約2km、約7分
交通(公共交通機関)近鉄下田駅から徒歩約10分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.