ホーム > 見どころ情報 > 今西家書院

見どころ情報

オンライン書籍

今西家書院

中世の書院造りの様式を伝える

255_imanishikesyoin

永く興福寺大乗院家の坊官を務めた福智院氏の居宅で、室町時代の初期の書院造りを伝える貴重な遺構。大正13年(1924)清酒醸造元今西家が譲り受け、昭和25年(1950)、重要文化財に指定された。上段、中段、下段と部屋に大きな段差が設けられ、子持ち障子や貼り壁、唐破風や檜皮葺き屋根など随所に見所がある。四季折々に趣ある庭を眺めながら喫茶や食事も楽しめる(要見学料・昼食は3日前予約)。

名称今西家書院(いまにしけしょいん)
所在地〒630-8381 奈良市福智院町24-3
TEL今西家書院 0742-23-2256
休日月曜、夏季、冬季休暇
料金大人350円、学生と70歳以上300円
拝観、開館、開園時間10:00~16:00(受付は15:30まで)
駐車場無し
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから約6km、約15分
交通(公共交通機関)JR・近鉄奈良駅から天理駅行き、下山行きバスで約15分、福智院町下車、徒歩すぐ

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.