ホーム > 見どころ情報 > がんこ一徹長屋

見どころ情報

オンライン書籍

がんこ一徹長屋

奈良の伝統工芸が集う長屋

奈良の伝統工芸品を扱う職人が住む長屋。奈良墨、奈良筆、一刀彫、茶筌、赤膚焼など、奈良ならではの店と工房が軒を連ねる。店先では職人の手業が見学でき、静かな空間には伝統の香りと技が息づく。長屋の奥には、「墨の資料館」がある。現在も国内シェア90%で全国一の生産量を誇る奈良の墨。館内には墨を作る行程を示した模型や美しく彩色された墨、墨を用いた書や絵画作品などが展示されている。10月から4月まで、練り上げた墨を自分で握って整形する「にぎり墨」製作の体験も(有料)。

名称がんこ一徹長屋(がんこいってつながや)
所在地〒630-8042 奈良市西ノ京町215-1
TELがんこ一徹長屋 0742-41-7011
休日月曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月5日、8月1日~8月31日
料金入館無料
拝観、開館、開園時間10:00~17:00(入館は30分前まで)
駐車場有り/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号経由、約4km、約8分
交通(公共交通機関)近鉄西ノ京駅から徒歩約3分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.