ホーム > 見どころ情報 > 平城京羅城門跡

見どころ情報

オンライン書籍

平城京羅城門跡

奈良の都の玄関口

平城京羅城門跡

大和郡山市観音寺町にある平城京の「羅城門」があった場所。「平城京羅城門跡」の説明板が建つ。古代、都は「羅城」とよばれる城壁で囲まれ、羅城の南面中央に置かれた門を「羅城門」といい、都の玄関口となる重要な門だった。昭和10年(1935)に佐保川底に門の礎石らしきもの、昭和47年(1972)の発掘調査では基壇の西端が見つかっている。遠方には小さく朱雀門(復元)が見え、大極殿(復元)の屋根も重なって見える。佐保川の堤防には展望台が設けられている。

名称平城京羅城門跡(へいじょうきょうらじょうもんあと)
所在地大和郡山市観音寺町
TEL大和郡山市教育委員会 0743-53-1151
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間見学自由
駐車場有り(羅城門橋下)/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路宝来ICから国道308号、24号経由、約6km、約12分
交通(公共交通機関)JR郡山駅から徒歩約15分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.