ホーム > 見どころ情報 > 素盞嗚神社・龍王四天

見どころ情報

オンライン書籍

素盞嗚神社・龍王四天

鹿の爪跡刻む岩のご神体・龍王四天

天正3年(1575)の創祀と伝わる神社で、祭神は素盞嗚命(すさのおのみこと)。境内摂社には大国主命(おおくにぬしのみこと)、末社に琴平明神、天照大神、春日明神、八幡神が祀られる。毎年10月の体育の日に行われる例祭ではだんじりが出て、普段静かな神社周辺が、年に1度大いににぎわいを見せる。本社を中心に、町内には東に龍王四天、西に西ケ峯四天、南に三王四天、北に上之貝四天が祀られ、村全体を守護する。なかでも龍王四天のご神体はユニーク。社に向かって左の岩に鹿の足跡のようなくぼみが深く刻まれている。

名称素盞嗚神社・龍王四天(すさのおじんじゃ りゅうおうしてん)
所在地素盞嗚神社 〒630-0115 生駒市鹿畑町1764、龍王四天(龍王社) 〒630-0114 生駒市鹿ノ台西1-17
TEL生駒市生涯学習課 0743-74-1111
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場無し
交通(マイカー)第二阪奈道路中町ICから約13km、約25分(奈良方面、中町ICからは出られない)、または阪奈道路三碓(みつがらす)から約5km、約10分
交通(公共交通機関)素盞嗚神社まで/近鉄学研北生駒駅から高山サイエンスタウン行きバスで約7分、サイエンスプラザ下車、東へ徒歩約10分、龍王四天(龍王社)まで/素盞嗚神社から真東に約300m。鹿畑町の集落内の小道を抜けて徒歩約10分、もしくは神社前の道を東へ下り鹿畑町から鹿ノ台西の新興住宅地へ出て環状通りを北上、鹿ノ台小学校の1本北の道を西へ約200m、最奥まで進む

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.