ホーム > 見どころ情報 > 西山古墳

見どころ情報

オンライン書籍

西山古墳

杣之内古墳群に君臨する大古墳

全国的にも名高い古墳が点在する天理市東部の古墳群のうち、杣之内(そまのうち)古墳群の盟主的な存在。4世紀後半の築造で、東から延びる尾根を利用しており、葺石(ふきいし)と埴輪(はにわ)を有する。全長190m、後方部の1辺は90m、前方部の幅は87mと全国最大の前方後方墳だが、3段の墳丘のうち、2段目以上は前方後円墳という特異さをもつ。現在は周濠の一部が池として前方部に残っている。周濠の北側には、径63.4mの巨大円墳である塚穴山古墳がある。

名称西山古墳(にしやまこふん)
所在地〒632-0032 天理市杣之内町 天理大学構内
TEL天理市埋蔵文化財センター 0743-63-1001
休日無休
料金無料(登頂しての見学時は天理大学に申出)
拝観、開館、開園時間自由
駐車場無し
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道169号経由、約3km、約10分
交通(公共交通機関)JR・近鉄天理駅から徒歩約30分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.