ホーム > 見どころ情報 > 夜都伎神社

見どころ情報

オンライン書籍

夜都伎神社

茅葺き屋根も素朴な山の辺の社

夜都伎神社

天理市乙木町の東の集落のはずれ、宮山(たいこ山)に鎮座する神社。奈良市の春日大社とゆかりも深く、明治維新までは春日若宮の社殿と鳥居が下され、かわりに夜都伎神社からは「蓮のお供え」と呼ばれる神饌(しんせん)を献上したという。現在の本殿は明治39年(1906)に改築されたもので、春日造檜皮葺(かすがづくりひわだぶき)。茅葺きの拝殿との対比に味わいがある。山の辺の道が直角に曲がるその角にあり、天理の町並みが見渡せる静かな佇まいの神社。

名称夜都伎神社(やとぎじんじゃ)
所在地〒632-0047 天理市乙木町
TEL天理市産業振興課 0743-63-1001
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場無し
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道169号経由、約4km、約15分
交通(公共交通機関)JR長柄駅から徒歩約20分、またはJR・近鉄天理駅から桜井駅北口行きバスで約7分、乙木口下車、徒歩約8分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.