ホーム > 見どころ情報 > 卑弥呼の里コース

見どころ情報

オンライン書籍

卑弥呼の里コース

大和王権発祥の地に卑弥呼の謎を訪ねる

卑弥呼の里コース

JR柳本駅を起点に、点在する巨大古墳などをめぐる。行程約4km、拝観時間を含め約2時間半のコースだが、見どころは多い。三角縁神獣鏡が多数発見され、邪馬台国の女王・卑弥呼にかかわり深いといわれる黒塚古墳、境内の東側に天神山古墳を一部残す伊射奈岐(いざなぎ)神社、田園風景の向こうに美しい山裾を広げる三輪山、双方中円墳ともいわれる特徴的な形の櫛山(くしやま)古墳など、古代大和の歴史に想いをはせながらの散策が楽しめる。コースはURLを参考。

名称卑弥呼の里コース(ひみこのさとこーす)
所在地天理市
TEL天理市産業振興課 0743-63-1001
URLhttp://kanko-tenri.jp/
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間自由
駐車場無し
交通(マイカー)JR柳本駅/西名阪自動車道天理ICから国道169号経由、約6km、約20分
交通(公共交通機関)JR柳本駅から徒歩

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.