ホーム > 見どころ情報 > 白川ダム

見どころ情報

オンライン書籍

白川ダム

古墳と緑に囲まれた市民憩いの場

大和青垣国定公園に指定され、奈良盆地の東部に広がる丘陵地の一角、天理市櫟本町の町並みから山間に入ったところに広がるエリアに平成7年(1995)に完成したダム。大和川水系高瀬川の支流・楢川にあった白川ため池を改築してつくられた。天理市立白川ダム運動場が隣接するように整備され、国定公園のなかには古墳も数多く存在。工事の際に発見された和爾小倉谷古墳群は移築されて、古墳公園として整備されている。ダム周辺では、釣り、ウォーキング、散策と思い思いに憩い楽しめる。

名称白川ダム(しらかわだむ)
所在地左岸/天理市岩屋町、 右岸/天理市和爾町
TEL奈良土木事務所工務課白川ダム管理係 0743-65-1655
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間散策自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道天理東ICから約1km、約3分
交通(公共交通機関)JR櫟本駅から徒歩約45時間

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.