ホーム > 見どころ情報 > 音羽山観音寺

見どころ情報

オンライン書籍

音羽山観音寺

音羽山中にたたずむ山岳霊場の古刹

200911-051s

天平勝宝元年(749)に、心融法師が創建したと伝えられ、当時は音羽百坊と称される。壮大な伽藍が山中に林立したという。本尊は千手千眼十一面観音で、古くから眼病平癒の寺として信仰を集め、現在は融通念仏宗寺院として地元の人々に親しまれている。境内にある大銀杏は推定樹齢600年で、県の天然記念物に指定されている。イチョウの葉と一体になった実をつけるため、「お葉つき銀杏」と呼ばれる。

名称音羽山観音寺(おとわやまかんのんじ)
所在地〒633-0023 桜井市南音羽832
TEL音羽山観音寺 0744-46-0944
休日無休
料金志納
拝観、開館、開園時間8:00~17:00
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道169号、165号経由、約18km、約40分、駐車場から寺までは徒歩約30分
交通(公共交通機関)JR・近鉄桜井駅から談山神社行きコミュニティバスで約13分、下居下車、徒歩約50分(参道は坂道が急なので、登りやすい服装を推奨)

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.