ホーム > 見どころ情報 > 海柘榴市跡

見どころ情報

オンライン書籍

海柘榴市跡

古代の市と歌垣の地

初瀬川沿い、金屋のあたりは古代に市が立ち、多くの人々でにぎわったところで、海柘榴市(つばいち)とも呼ばれた。南は飛鳥に至り、西は山を越えて河内、東は伊勢に通じる交通の要衝だった。市にツバキが植えられていたことからその名がついたらしい。古代の市は、物資が交換される場であるとともに、人が多く集い、男女の出会いの場でもあった。歌に思いを乗せ合う「歌垣(うたがき)」も行われたようで、恋する男女のさんざめきが聞こえてきそうな風情が漂う。

名称海柘榴市跡(つばいちあと)
所在地〒633-0002 桜井市金屋
TEL桜井市観光まちづくり課 0744-48-3110
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間自由
駐車場無し
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道169号経由、約13km、約30分
交通(公共交通機関)JR三輪駅から徒歩約15分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.