ホーム > 見どころ情報 > 安楽寺

見どころ情報

オンライン書籍

安楽寺

初層を残す三重塔に往時を偲ぶ

近鉄葛駅の西側に広がる稲宿の集落のなかに建つ。古い民家の土塀が続き趣きのある地区で、塔は現在の本堂からは離れた場所にある。昭和36年(1961)、塔婆として重文に指定された。もともと三重塔だったが、初層だけが残り、上に宝形の屋根をあげている。本格的な塔婆建築で、各所に古風な手法が用いられ、内部には仏壇が設けられている。同寺一帯には上ノ坊、下ノ坊、蓮池など、寺院に関係のある地名が残っていることから、かつては大伽藍が築かれていたと推測されている。

名称安楽寺(あんらくじ)
所在地〒639-2258 御所市稲宿1080
TEL御所市観光協会 0745-62-3346
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場無し
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから国道165号、24号、309号経由、約12km、約25分
交通(公共交通機関)近鉄葛駅から徒歩約15分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.