ホーム > 見どころ情報 > 高山竹林園

見どころ情報

オンライン書籍

高山竹林園

日本唯一の茶筌の里を知る竹林園

200901-051s

抹茶を立てるのに使われる竹製品といえば、茶筌(ちゃせん)。生駒市高山地区は、茶筌の里として知られる。起源は、室町時代の中ごろにさかのぼる。高山宗砌(そうぜい)が、親友の称名寺住職・村田珠光の依頼を受けて作ったのがはじまりとされ、後土御門天皇に献上、「高穂」の名称を賜って以後、茶筌作りの技は、「一子相伝」の秘伝として伝えられたという。静かな田園風景の広がる高山では、毎年稲刈り後の田んぼで竹を天日干しする光景が見られ、冬の風物詩となっている。

名称高山竹林園(たかやまちくりんえん)
所在地〒630-0101 生駒市高山町3440
TEL高山竹林園 0743-79-3344
休日12月27日~1月5日
料金無料
拝観、開館、開園時間9:00~17:00
駐車場有り/無料
交通(マイカー)第二阪奈道路壱分ICから国道168号、163号経由、約10km、約20分
交通(公共交通機関)近鉄富雄駅から庄田行き、傍示行きバスで約30分、上大北(高山竹林園)下車、徒歩約5分、または近鉄学研北生駒駅から庄田行き、傍示行きバスで約12分、上大北(高山竹林園)下車、徒歩約5分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.