ホーム > 見どころ情報 > 観音寺(香芝市)

見どころ情報

オンライン書籍

観音寺(香芝市)

厄除けの信仰篤い身代わり観音

真言宗の寺院。創建は不明だが、境内から鎌倉時代の瓦が出土している。本尊は十一面千手観音菩薩立像で、高さ約90cm。地元では楠木正成(くすのきまさしげ)の伝説にちなんで、「身代わり観音」、「矢受観音」と呼ばれる。伝説は、正成が敵の矢を受けたが無傷であったといい、観音像には身代わりになったときの傷が残っているというもの。災除けの霊験があると信仰を集めており、毎月18日に限り拝観できる。境内山内には約200本のサクラがあり、春は花のトンネルになる。

名称観音寺(香芝市)(かんのんじ かしばし)
所在地〒639-0253 香芝市田尻351
TEL観音寺 0745-76-3469
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道香芝ICから約5km、約10分、または西名阪自動車道柏原ICから国道165号経由、約1km、約2分
交通(公共交通機関)近鉄関谷駅から徒歩約15分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.