ホーム > 見どころ情報 > 博西神社

見どころ情報

オンライン書籍

博西神社

「墓の西」に祀られる村の鎮守

目の前に畑が広がり素朴な佇まいをみせる「村の鎮守」。その名は「陵西」「墓西」(はかにし)とも書かれるように、屋敷山古墳の西側にあることに由来する。祭神は北殿が下照比売命(したてるひめ)、南殿が菅原道真。本殿は一間社春日造(いっけんしゃかすがづくり)で重文。棟続きであるかのように連結させた珍しい形式。天文19年(1550)の銘から、室町時代末期の建立と考えられるが、平成12年(2000)に保存修理が行われたため、当面は極彩色に彩られた社殿を拝することができる。

名称博西神社(はかにしじんじゃ)
所在地〒639-2135 葛城市寺口1231
TEL葛城市観光協会 0745-48-2811
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場無し
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから約2km、約5分
交通(公共交通機関)近鉄新庄駅から葛城市コミュニティバス環状線ルート(外回り)で約30分、屋敷山公園前下車、徒歩約10分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.