ホーム > 見どころ情報 > 青蓮寺

見どころ情報

オンライン書籍

青蓮寺

中将姫創建の謡曲「雲雀山」の舞台

日張山(ひばりやま)の中腹に建つ浄土宗の尼寺。創建は當麻曼荼羅で知られる中将姫と伝わる。14歳のとき、継母のたくらみでこの山に流された中将姫だが、家臣の松井嘉藤太春時とその妻・静野の情けで助けられ、仏に祈りながらここで静かに過ごしたという。やがてこの地を訪れた父豊成と再会し大和に戻り、當麻寺で出家。19歳で再びこの地を訪れ、小さなお堂を建立、そこに自身の影像と松井夫妻の彫像を彫って安置し、寺が起こったという。謡曲「雲雀山(ひばりやま)」は、この青蓮寺を舞台に中将姫伝説を脚色したもの。境内には松井夫妻の墓も建つ。

名称青蓮寺(せいれんじ)
所在地〒633-2223 宇陀市菟田野宇賀志
TEL青蓮寺 0745-84-2455
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから国道25号(名阪国道)針IC、国道369号、榛原菟田野御杖線、166号経由、約39.2km、約1時間11分
交通(公共交通機関)近鉄榛原駅から菟田野行き、東吉野村役場行きバスで約20分、菟田野下車、徒歩約45分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.