ホーム > 見どころ情報 > 神野寺

見どころ情報

オンライン書籍

神野寺

行基創建と伝える山間の古寺

「神の宿る山」といわれた神野山の南西中腹に建つ。山添村は平城京に隣接する地域として、古代から都や東大寺など大寺院と密接なつながりをもち、寺院も置かれた。神野寺も天平12年(740)に聖武天皇の勅願により、行基(ぎょうき)が創建したといわれ、平安時代にはすでに名刹としてあまねく知られていた。度重なる火災のため、現在は往時の面影は薄れてしまったが、山門、中門、鐘楼、本堂、聖天堂と続く伽藍は、奈良時代の山岳寺院のようすをいまに伝えている。

名称神野寺(こうのじ)
所在地〒630-2225 山辺郡山添村伏拝532
TEL山添村観光協会 0743-85-0081
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道天理ICから名阪国道(国道25号)神野口IC下車、約4km、約15分
交通(公共交通機関)JR・近鉄奈良駅から北野行きバスで約1時間5分、終点下車、徒歩約50分(バスの本数が少ないので注意)

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.