ホーム > 見どころ情報 > 長屋王の墓

見どころ情報

オンライン書籍

長屋王の墓

陰謀に消えた悲劇の王子の墓

近鉄平群駅の北東にある直径約15mの円墳。被葬者は、長屋王(ながやのおおきみ)で、左大臣ながら神亀6年(729)に対立する藤原氏の陰謀のため妻子とともに自殺した王子(長屋王の変)。妻の吉備内親王(きびないしんのう)墓は北西にある。『続日本紀(しょくにほんぎ)』には、妻とともに「生駒山に葬る」とだけ記され、場所の詳細は不明だったが、近世の資料に「平群梨本の2つの塚が長屋王夫妻の墓」とあり、明治末期に宮内庁によって整備され、現在は長屋王御陵公園になっている。

名称長屋王の墓(ながやおうのはか)
所在地〒636-0931 生駒郡平群町梨本
TEL平群町教育委員会総務課 0745-45-2101
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間自由
駐車場無し
交通(マイカー)西名阪自動車道法隆寺ICから国道25号経由、約8km、約15分
交通(公共交通機関)近鉄平群駅から徒歩約10分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.