ホーム > 見どころ情報 > 鳴川渓谷・清滝石仏群

見どころ情報

オンライン書籍

鳴川渓谷・清滝石仏群

清流はじける渓谷と摩崖仏

鳴川峠に源を発した櫟原(いちはら)川が流れる鳴川渓谷は、集落のメインストリートから、少し谷を下ったところにある。渓谷の両岸には、大きな岩が切り立っており、鎌倉から江戸時代にかけて彫られた「清滝石仏群」と総称される磨崖仏が彫られている。石仏群は、聖なる場所を表すとともに、俗と聖を分け、魔が侵入するのを防ぐ役割を担う。また鳴川集落への流行病や魔の侵入を防ぐために、両岸には勧請縄が渡され、毎年大晦日に掛け替えが行われる。

名称鳴川渓谷・清滝石仏群(なるかわけいこく きよたきせきぶつぐん)
所在地〒636-0945 生駒郡平群町鳴川
TEL平群町観光産業課 0745-45-1017
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間見学自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)鳴川渓谷駐車場まで/第二阪奈道路壱分ランプから国道168号経由、約6km、約15分
交通(公共交通機関)近鉄元山上口駅から徒歩約40分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.