ホーム > 見どころ情報 > 龍田神社

見どころ情報

オンライン書籍

龍田神社

法隆寺を守護する龍田明神

祭神は天御柱命(あめのみはしらのみこと)と国御柱命(くにのみはしらのみこと)。聖徳太子が、法隆寺建立の地を平群川(竜田川)沿いに探していた際、龍田明神の化身である白髪の老人が現れ「ここより東に斑鳩(まだらばと)が棲む地があり、そこに伽藍を建てるとよい」と告げ、法隆寺守護の願いも聞き入れた。現在の三郷町にある龍田大社(本宮)は遠く、ここに社を建て、法隆寺の守りとしたのがはじまりと伝わる。境内にある大ソテツは奈良県天然記念物。神社の前を東西に走る道は奈良と大坂とを結ぶ龍田街道で、江戸時代には宿場町として栄えた。いまも古い町並みを残す。

名称龍田神社(たつたじんじゃ)
所在地〒636-0152 生駒郡斑鳩町龍田1-5-6
TEL龍田神社 0745-75-3163
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間散策自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道法隆寺ICから約2km、約5分
交通(公共交通機関)王寺駅北口から国道横田行き、シャープ前行き、法隆寺前行きバスで約10分、竜田神社前下車すぐ

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.