ホーム > 見どころ情報 > 鍵の蛇巻き

見どころ情報

オンライン書籍

鍵の蛇巻き

蛇に込められた豊穣の祈り

鍵の蛇巻き

6月の第1日曜、鍵の八坂神社で蛇巻きの行事が行われる。蛇巻きは、その構成員が男子であり、旧暦の5月5日に行われる端午の節句にちなんだ行事である。また、やがてくる田植え時に雨が降るようにという祈りを含んでいる。午前中、八坂神社にて稲わらで蛇をつくる。午後からは1年の間に鍵大字内で祝い事のあった家々を、蛇を担いで訪ねる。300㎏近い頭を17歳の少年と当屋が一緒に担ぎ、後ろの綱を参加した全少年が頭の前進を阻むよう引っ張り合いながら道を進んでいく。最後に、北中学校の前の「はったはん」という場所の大樹の根元に頭がおかれ、胴体が上へと樹に吊るされる。(下り龍・降り龍)

名称鍵の蛇巻き(かぎのじゃまき)
所在地磯城郡田原本町鍵大字内、八坂神社
TEL田原本町観光協会 0744-33-4560
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間拝観、祭り見学自由 蛇巻き/6月第1日曜午前~
駐車場無し
交通(マイカー)京奈和自動車道三宅ICから国道24号経由、約2.3km、約10分
交通(公共交通機関)近鉄石見駅から徒歩約20分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.