ホーム > 見どころ情報 > 屏風岩公苑

見どころ情報

オンライン書籍

屏風岩公苑

眼前に立ちはだかる迫力の絶壁

三重県名張市から曽爾村一帯にかけては、柱状節理(ちゅうじょうせつり)の迫力ある断崖絶壁が続く。屹立する奇岩や奇峰は、およそ1300万年前の火山活動によって形成された地形が長い年月を掛けて侵食され、造りだされたもの。その中心的存在である屏風岩は、名前の通り、岩壁が垂直にそそり立つ。屏風岩の麓にはたくさんのヤマザクラが並び、春は桜花が、秋はこれらをはじめ落葉広葉樹が色づき山を彩る。南に目を転じれば、曽爾の村や山並も一望でき、ピクニックにも最適。

名称屏風岩公苑(びょうぶいわこうえん)
所在地宇陀郡曽爾村長野
TEL曽爾村観光協会 0745-94-2106
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間自由
駐車場有り/無料(ただしサクラと紅葉のシーズンは公苑管理協力金として1回200円)
交通(マイカー)名阪自動車道天理ICから国道25号(名阪国道)針IC、国道369号経由、約50km、約2時間
交通(公共交通機関)近鉄榛原駅から曾爾村役場前行きバスで約51分、曽爾長野下車、徒歩約1時間、または近鉄名張駅から三重交通山粕西行きバスで約1時間、長野下車、徒歩約1時間

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.