ホーム > 見どころ情報 > 浄安寺

見どころ情報

オンライン書籍

浄安寺

地形を生かした観音霊場めぐり

JR志都美(しずみ)駅の南東に建つ。本尊は木造阿弥陀如来坐像で、両脇に観音菩薩と勢至菩薩を従えた三尊像。壇ノ浦の戦いで、船中で自刃して果てたとされる平和盛が、上牧へ逃れ、その守り本尊の弁財天を祀って、小庵を構えことにはじまるとも、『平家物語』に登場する能登守教経の子孫の久保小太郎武盛が、元冶元年(1658)ごろ平家一門の霊を弔うために建立したともいわれる。創建年代は不明だが、少なくとも江戸時代初期には存在していたことがわかっている。境内には西国三十三所観音霊場の観音石仏が点在する。

名称浄安寺(じょうあんじ)
所在地〒639-0214 上牧町上牧335
TEL上牧町まちづくり推進課 0745-76-1001
休日無休
料金無料
拝観、開館、開園時間境内自由
駐車場有り/無料
交通(マイカー)西名阪自動車道香芝ICから国道168号経由、約2km、約5分
交通(公共交通機関)JR志都美駅から徒歩約15分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.