ホーム > 見どころ情報 > 馬見古墳群

見どころ情報

オンライン書籍

馬見古墳群

日本有数の古墳群

馬見古墳群は巨大古墳が点在することで知られる。北葛城郡広陵町、河合町、大和高田市などにまたがって広がる、日本を代表する古墳群で、代表格には巣山古墳(前方後円墳、全長220m、特別史跡)、墳丘のようすが復元された三吉石塚古墳(帆立貝式古墳、全長45m、県指定史跡)などがある。古墳群は、広陵町と河合町にまたがる馬見丘陵公園を散策しながら眺めることができる。馬見丘陵公園館では、古墳についての基礎知識や、馬見古墳群について、また園内の自然や野鳥について学習することができる。

名称馬見古墳群(うまみこふんぐん)
所在地北葛城郡広陵町・河合町
TEL馬見丘陵公園館 0745-56-3851
休日馬見古墳群/無休、馬見丘陵公園館/月曜(休日の場合は翌平日)、12月28日~1月4日
料金馬見古墳群・馬見丘陵公園館/無料
拝観、開館、開園時間馬見古墳群/自由、馬見公園館/9:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
駐車場有り/無料、ただし8:00~18:00(6月16日~8月15日は19:00まで、11月1日~2月末は17:00まで)
交通(マイカー)馬見丘陵公園/西名阪自動車道法隆寺ICから約4km、約15分
交通(公共交通機関)馬見丘陵公園/近鉄高田駅から竹取公園東行きバスで約17分、終点下車、徒歩約5分、または近鉄五位堂駅から馬見丘陵公園行きバスで約16分、終点下車すぐ、または近鉄池部駅から徒歩約2分で緑道エリア入口

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.