ホーム > 見どころ情報 > 「ものづくりの里 くにす」

見どころ情報

オンライン書籍

「ものづくりの里 くにす」

吉野の伝統産業を体験できる匠の里

くにす

吉野は紙すきや割り箸生産など、自然をいかした昔ながらの産業で知られる町。宮滝から吉野川上流へ約5km、窪垣内(くぼかいと)や南大野を中心に、かつて国栖(くず)と呼ばれた地域では、伝統産業がいまも脈々と培われている。「くにす」では手漉き和紙、杉や桧の割箸、木工のほか、新しい吉野の顔ともなるガラス工芸など、数々の工房が点在する。体験イベントも行われるほか、予約をすれば見学や体験も可能。

名称「ものづくりの里 くにす」(ものづくりのさと くにす)
所在地〒639-3434 吉野郡吉野町国栖
TEL国栖の里観光協会 0746-36-6838
休日要確認
料金体験費用は要確認
拝観、開館、開園時間要予約
駐車場要問い合わせ
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから国道169号、370号経由、約25km、約55分
交通(公共交通機関)近鉄大和上市駅からタクシーで約18分

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.