ホーム > 見どころ情報 > 道の駅「十津川郷」

見どころ情報

オンライン書籍

道の駅「十津川郷」

手打ちそばと足湯が人気の道の駅

国道168号沿い、十津川村役場のすぐ南にある。湯泉地(とうせんじ)温泉のエリア内であり、名物・足湯の看板が目をひく。地元特産の野菜やきのこなどが並び、一番の名物は手打ちそば。挽きたて・打ちたて・茹でたての「三たて」をモットーとする腰の強いつるつるとした食感のそばは、食べ応え満点。地下1階には十津川の民俗を紹介する「むかし館」があり、昔の山仕事の道具や筏の模型などを展示しており、昔のひとの生活を知ることができる。

名称道の駅「十津川郷」(みちのえき とつかわごう)
所在地〒673-1333 吉野郡十津川村小原225-1
TEL道の駅「十津川郷」 0746-63-0003
休日1月1日、そば処「行仙」/火曜
料金-
拝観、開館、開園時間8:00~17:30(12月~3月末は8:30~17:00)、トイレ・足湯などは24時間利用可能
駐車場有り/無料
交通(マイカー)南阪奈道路葛城ICから国道24号、168号経由、約70km、約2時間20分
交通(公共交通機関)近鉄大和八木駅から十津川経由新宮行きバスで約4時間20分、十津川村役場下車すぐ

一覧へ戻る

このページの先頭へ

Copyright © NANTO BANK,LTD All Rights Reserved.